コピー機のリース契約には二つの種類があります

多くの会社ではコピー機は必須アイテムのひとつとなりますが、新品のコピー機を導入するとなると本体価格だけでも約100から400万という高額な費用がかかることから、約8割ほどはリース契約を選択する傾向にあります。どのような契約なのかと言うと、コピー機を所有しているのはリース会社であり、この会社から賃貸という形で借りる仕組みのことを指しています。リースとなると所有権は業者にある為、固定資産税や減価償却などの手続きを簡単に済ませることができるでしょう。しかしこの契約には審査が必要であり、必ず契約が結ばれるわけではありません。

どのようなことが審査されるのかと言うと、主に企業の信用情報などをもとに判断されることになります。初期費用も少なく済むことから、利用する人が多く見られるのです。一般的にコピー機のリース契約には二つの種類があると言われています。一つ目がファイナンス、もう一つがオペレーティングと呼ばれるものです。

ファイナンスは金融性重視と呼ばれるものであり、購入者が選んだ複合機を業者が代わりに購入した上で貸し出す仕組みのことを指します。導入するための資金の調達の方法として、この契約を結ぶということであり、金融性重視と言えるでしょう。もう一方のオペレーティングと呼ばれるものは、賃貸借性重視と呼ばれるものです。契約が終わった後に、該当の複合機を業者が中古で売却、もしくは再リースをすることを条件に、見込み価格を料金から差し引きます。

中途解約も可能ですが、見込み価格に基づき値引きを行っているので、状態が悪いと別途支払いが発生する可能性もあるため十分に注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です