【コピー機リース】をする上で大切なチェックポイント

以前に比べて最近はコピー機がかなり便利なものとなっていて、テレビやSNSなどで連日のように話題になっているのはご存知でしょうか。スキャナ、プリンター何として活用できるのはもちろん、最近普及率が9割を超えたと言われるスマホなどで利用することなども可能です。つまり全く別の場所から操作するなんということも可能ですし、スマホで撮った画像を送信してすぐに紙に印刷するといったことを考えてきます。一枚一枚の複写スピードを改変向上したことによって、大量の文書もあっという間に作ることができるようにもなりますし、トナーなどを使えば、ランニングコストなどもあまりかからずに済ませることができるといった点でも大きなメリットです。

しかしながらそういったコピー機は1台あたりの費用が高くなってきていますので、導入費用がないというようなことで悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。そのような人は、コピー機のレンタルやリースサービスなど上手に活用することで、手軽に導入することが可能です。どちらも貸し出しをするという点では同じですが、貸し出し期間長さが長い方をリースと呼ぶ傾向があることには注意しましょう。貸出期間が長ければ長いほどひと月あたりの費用も安く済ませることができるという点でお勧めです。

また10年後などに契約が終わった時新しく登場しているコピー機に乗り換えで、リースを改めて行うなるという使い方も可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です