コピー機リース契約のメリットやデメリットを知ろう

コピー機を導入している企業の多くがリース契約を利用していますが、これにはメリットもあればデメリットもあるため、それらのどちらも把握したうえで納得して契約する必要があります。まず最初にコピー機のリース契約のメリットにあげられることは、初期費用の安さが挙げられるでしょう。一括購入とは異なり毎月支払いを行うことになる為、導入する際には導入費用だけがかかります。まとまった資金を用意するのが難しいといった場合には、この選択は適した方法です。

そして減価償却の手続きや固定資産税の支払いが発生しないこともメリットのひとつに挙げられます。複合機の所有権がリース会社にあることから、これらの支払いは業者が行います。手続きの手間も省くことができるでしょう。災害や盗難が発生した場合には保険が適用されることから、万が一の場合にも安心です。

反対にデメリットにあげられることは、購入よりも支払いの総額が高くなることです。どうしても利息が発生する為、契約年数が長くなれば長くなるほど、最終的に支払う金額が高まるのはしょうがないことです。予算に余裕があって、総合的な支払いを安く済ませたいという場合には、一括で購入した方がお得になります。また途中解約できないこともデメリットの一つになるでしょう。

基本的に途中解約をすることはできず、万が一できたとしても解約金が必要となります。リース契約は一般的には3年から6年という長期で契約を結ぶことになるので、場合によっては複合機を途中で使わなくなるケースもゼロではありません。長期的に使うかわからない場合には、一括購入や中古のコピー機を検討することも一つの手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です